皆様、あけましておめでとうございます。「次回」と言いつつ、かなり時間をおいてしまいました。

さて、前回申しました私の税理士としてのミッション、それは「中小企業のバックオフィス(経理・総務・庶務)の生産性向上」です。

突然ですが私の両親は小さな個人事業を営んでいます。

父が現場に出て、母が総務・経理等を行う典型的な家族経営の事業者です。確定申告時期になると母は手書きの帳面を基に夜遅くまで決算書を作っていた姿が印象的でした。

それから国税の職場に入ることになり、税務署で中小企業に対する調査事務に従事しました。調査を通じて多くの会社の記帳状況を見てきましたが、世の中のほとんどの中小企業は私の実家と同じような状況でした。経営者は庶務・経理事務よりも売上を伸ばすことが至上命題であり、それが故にキャッシュを生まないバックオフィス部門は軽く見られがちです。そして私もそれを仕方がないと思っていました。

しかしながら、その後、東京国税局調査部という資本金1億円以上の大法人を所管する部署に異動し、大規模法人の調査に従事することになりました。そこで、大規模法人はERP(Enterprise Resourses Plannning)システム、つまり基幹業務システムの開発に巨額の投資を行っていることを知ったのです。大規模法人は、ERPを使用して、受注から売上計上・入金管理、購買から仕入・支払手続までが一気通貫となっており、バックオフィス業務の効率化を図っています。つまり、業務フローを洗い出し、経営資源(ヒト、モノ、カネ)の配置を最適化しています。

しかし、今やこれらの話は大規模法人に限ったことではありません。テクノロジーの発展による恩恵は中小企業にも押し寄せています。それがMFクラウドやfreeeといったクラウドサービスです。これらのサービスを活用することにより、バックオフィス業務の負担を軽くして、経営者の方が本来やるべき業務に集中していただくこと。

これが私が税理士として取り組みたいミッションです。

平成29年分の確定申告も近づいてきています。日々の記帳業務にうんざりだという経理担当の皆様、是非、当法人にご相談ください。

2件のコメント

  1.  ご活躍を期待しております。
     FPの1級はどの様にして勉強しましたか? 通信教育ですか?
    私は、知識のために過去問等を読んでいますが受験はしていません。年金の問題等
    ポイントが分かりやすいので・・・。

  2. コメントありがとうございます!

    FP1級は解説書を読み、ひたすら問題を解きまくりました。
    学科試験の基礎は重箱の隅をつつくような設問が多かったのですが、各種制度や算式の意味を理解しながらの勉強を心がけていました。
    特に金融は数式の意味を理解しながらでないと、暗記だけでは厳しいですね。

    これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です